リングにかけろ

聖闘士星矢でおなじみの車田正美が送るボクシングまんが。フィニッシュブローがエスカレートしてリングの外に人が吹っ飛ぶ爽快ボクシング漫画

リングにかけろ

リングにかけろ

”リングにかけろ”のあらすじ

スポンサーリンク

病死した偉大なボクサーを父の遺志を継ぐためプロボクサーを目指す高嶺竜児とコーチ役の姉の高嶺菊。

ひどい暴力を振るう再婚相手から母を救い、山口の実家を飛び出し東京へ向かう。

そして永遠のライバル剣崎順との出会い、待ちうける多く困難に立ち向かいながらプロボクサーを目指す。

その東京で待ち受ける運命とは…。熱血ボクシングマンガのゴングが今鳴る。

”リングにかけろ”のみどころ

のちに聖闘士聖矢で大ブレークをする車田正美氏の出世作。

前半は姉の指導を受けて徐々に竜児が強くなっていくスポ根漫画なのだが、物語の途中から路線が大きく変わってしまう。

聖闘士星矢の聖闘士(セイント)達の必殺技の前進ともいわれる必殺技(フィニッシュブロー)がリング上で乱舞する。フィニッシュブローをで相手がリング場外にぶっ飛ぶ×2(笑)超必殺技のオンパレード!

 

作者:車田正美
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
発表:1977年2号 – 1981年44号

スポンサーリンク