ハイキュー!!

ひとつのボールを繋ぐ熱血青春バレーボール物語

ハイキュー!!

ハイキュー!!

”ハイキュー!!”のあらすじ

スポンサーリンク

おれは飛ぶ!バレーボールに引き寄せられ、中学生最後の公式戦に臨んだ日向翔陽(ひなたしょうよう)。「コート上の王様」と異名を取る天才影山飛雄(かげやま とびお)に試合で負けてしまう。高校生になりバレーボールでリベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが、そこに「王様」の影山飛雄が!?

”ハイキュー!!”のみどころ

2012年のハイキュー!!連載開始ごろから男子バレーボール部の入部希望者が増えてきたという、バレーボールブームを巻き起こした作品だ。

王様と呼ばれる天才セッター影山と、技術は荒削りだがとてつもないポテンシャルを秘めた日向の二人にしかできないサイン無しで繰り出される”変人速攻”で対戦相手を翻弄していきながら、ライバルだった影山と日向がともに支え合い成長していく場面が青春だと感じる。日向は変人速攻以外の技術は並以下でとにかく、試合中に足を引っ張ることもしばしばだが、試合中に目覚しい進化を遂げていくストーリーもハラハラドキドキと期待感を感じさせる。

作者:古舘春一
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
発表号:2012年12号 – 連載中

 

スポンサーリンク