君のいる町

主人公の行動がきっかけになり作者と講談社にクレームが殺到した話題の作品

君のいる町

君のいる町

”君のいる町”のあらすじ

スポンサーリンク

高校進学で東京から一人で広島の田舎に引っ越ししてきた枝葉 柚希(えば ゆずき)。だが、住むことなったのは親戚でもない桐島 青大(きりしま はると)の家に。『初対面の女が、いきなり自分の家に住むことになるなんて‥』 同居に反対している青大だが、持ち前の明るさで周囲と馴染んでいく柚希。これから一緒に通う高校には神咲 七海(かんざき ななみ)もいるし‥

”君のいる町”のみどころ通称”きみまち”と言われる有名な作品。人気のせいか作品の舞台である広島県庄原市にファンが聖地巡礼として足を運ぶほどの熱狂的ファンがいる作品だ。

もうひとつ”君のいる町”で有名な事件がある、15巻の主人公の青大(はると)が起こした行動に、ファンが激怒。青大の行動に”きみまちファンの読者”が作者の瀬尾さんや、講談社へクレームが入ったという話は有名な話である。(漫画ですけど・・・!?と言いたくなるが、それほど熱狂的なファンがたくさんいたことがうかがえる。)

 

作者:瀬尾公治
出版社:講談社
掲載誌:週刊少年マガジン
発表期間 2008年26号 – 2014年11号

 

スポンサーリンク