働きマン

勝気な性格の松方弘子28歳元巨乳がプライベートが犠牲になっても仕事一筋の”働きマン”。「仕事とは何か?」テーマに描かれていく。

働きマン

働きマン

”働きマン”のあらすじ

スポンサーリンク

松方弘子28歳元巨乳。寝食も忘れ、凄まじい勢いで仕事に没頭する彼女のニックネームは『働きマン』。

仕事一筋の弘子だけでなく、弘子の周囲で働く人達のそれぞれの仕事観を通して、「仕事とは?」「働くとは何か?」をテーマに松方弘子を中心に物語は進んでいく

 

”働きマン”のみどころ

実際に仕事一筋の働きマンの方やそうでない方も、主人公の弘子をみることで仕事について考えさせられる漫画だと思う。

仕事で得られるものもあれば、失うものもある。

全ては「個人の価値観によるものだろう」と言ってしまえばそれまでだが、多くの方々は仕事をしていて何かを優先して仕事と天秤にかけていることは事実だろう。

全ての働く人へ「長時間労働で疲れてしまったとき」「仕事に行き詰まったとき」「バカな上司を殴りたいと思ったとき」この本を読んで、「辛いのは自分だけじゃないな」と少し心が救われて頑張ろうと思える作品だ。

作中の松方弘子の紹介で「元巨乳」とあるがなぜ「元」なのか?についてだが、一説はあるが、”胸=女性らしいイメージ”という点を”元巨乳=女性を捨てて働いている女性”と揶揄していることらしく、松方弘子の仕事一筋感を演出させる為の表現らしい。

 

作者:安野モヨコ
出版社:講談社
掲載誌:モーニング
発表期間:2004年 – 休載中

 

スポンサーリンク