海賊とよばれた男

出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにした波乱万丈ストーリー

海賊とよばれた男

海賊とよばれた男

”海賊とよばれた男”のあらすじ

スポンサーリンク

昭和20年8月15日、日本敗戦。それは、石油会社「国岡商店」が全て失った日だった。

多額の借金が残り、もはや再生不可能と全社員が覚悟する中、店主の国岡鐡三は「グチをやめよ」と発し、会社再生・日本再建にとりかかることを表明する。

一人のクビにせず再生の道を模索する鐵三だったが、売る油は一滴もない。前途は絶望的だった。。。

”海賊とよばれた男”のみどころ

実在の企業と人物。出光興産の出光佐三氏の物語です。物語では出光興産が”国岡商店”として出光佐三が”国岡鐡三”として実話を題材にした物語。

終戦後の復興のため、石油の統制を取り払い日本人による販売を行おうとした男たちの物語。 政府の石統や、戦後統治するGHQ、海外石油メジャーとの常に戦い多くの苦難に阻まれながら、物語は進んで行く。

数々の崖っぷちにたたされるも鐡三の思いに共鳴する人物が現れストーリーは急展開前進してく、

初志貫徹「男たるはこうあるべきか。。。」と、考えさせられる作品。ビジネスマンは是非読んでもらいたい。

ちなみに、なぜ”海賊”と鐡造が呼ばれるようになったのか?じつは戦前の国岡商会の石油の売り方が由来となっていて、瀬戸内海で手漕ぎ船を使って海上で石油を販売し海上で暴れまわる国岡商会の船が”海賊”のように言われたからだ。

 

作者:百田 尚樹
作画:須本壮一
出版社:講談社
掲載誌:イブニング
発表号:2014年6号

スポンサーリンク