ろくでなしBLUES

連載終了後も人気の衰えない学園ヤンキー物語

ろくでなしBLUES

ろくでなしBLUES

”ろくでなしBLUES”のあらすじ

スポンサーリンク

舞台は東京都武蔵野市の吉祥寺にある帝拳高校。

泣く子も黙るド級の能天気ケンカ野郎、その名も前田太尊(まえだたいそん)ががあらわれた。

入学式してすぐ、対立する応援団とボクシング部の争いに巻き込まれた太尊、勝嗣、米示。学校停学中のボクシング部主将の畑中が戻り、事態は・・・

四天王と呼ばれる吉祥寺の前田、渋谷の鬼塚、浅草の薬師寺、池袋の葛西が

”ろくでなしBLUES”のみどころ

実は、テーマであるボクシングストーリーは長編としては描かれていない。

個性豊かなキャラクターストーリーは人気が高く、特に東京四天王篇に出てくる、前田・鬼塚・薬師寺・火災は今でもネット上で”誰が一番強いのか??”と今での話題になっている。

連載終了号の人気は絶大で、ドラマ化はもちろん、劇団EXILEで舞台化もされている。

 

作者:森田まさのり
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
発表号:1988年25号 – 1997年10号

スポンサーリンク