星守る犬

不器用なおとうさんが愛犬ハッピーと共に旅へ出て、最後の死を迎えるまでの様を描く

星守る犬

星守る犬

”星守る犬”のあらすじ

スポンサーリンク

朽ちた車で寄り添いながら、男性と一頭の犬の遺体が警察に発見された。

鑑定結果、男性が死後1年以上経過しているのに犬は、死後たった3カ月だった。なぜ死後経過時間に差があるのか?

哀しくも愉快な一人と一頭の、残された“生”を生きていく旅の終着点…。

”星守る犬”のみどころ

不器用なおとうさんに寄り添う犬の切ないほどの忠誠心。悲しいだけではなく、ジーんっと暖かい気持ちになります。

泣くまいと本を手にとって読んでみたが、結果号泣してしまうこと必至だ。

 

作者:村上たかし
出版社:双葉社
掲載誌:漫画アクション
発表号:2008年8月5日号 – 2009年11月17日号

スポンサーリンク